年表

  • 1889

    4月20日
    アドルフ・ヒトラー誕生。
  • 1906

    3月19日
    アドルフ・アイヒマン誕生。
  • 1933

    1月30日
    ヒトラー内閣成立。
  • 1935

    3月16日
    ヒトラー、徴兵制導入(ドイツ再軍備宣言)。
  • 1936

    3月7日
    ドイツ軍、ラインラント進駐。
  • 8月1日
    ベルリン・オリンピック開幕。
  • 1937

    11月5日
    ヒトラー、軍幹部と外相ノイラートを集めた極秘会議で、対オーストリア・チェコ侵略戦争計画を語る
    (のちにニュルンベルク裁判で会議文書「ホスバッハ大佐覚書」、発覚)。
  • 1938

    3月13日
    ドイツ、オーストリアを併合。
  • 9月29日
    ミュンヘン会談でドイツ、チェコのズデーテン地方を獲得。
  • 1939

    8月23日
    独ソ不可侵条約締結。
  • 9月1日
    ドイツ軍、ポーランドに侵攻。
    9月3日にイギリス、4日にフランスがドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦勃発。
  • 1940

    5月10日
    ドイツ軍、フランス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクに侵攻を開始。
  • 5月17日
    オランダ降伏。
  • 5月28日
    ベルギー降伏。
  • 9月20日
    日独伊三国軍事同盟締結。
  • 1941

    6月22日
    ヒトラー、バルバロッサ作戦を発動し、ドイツ軍ソビエト連邦に侵攻(独ソ戦)。
  • 12月
    日本が真珠湾攻撃を行い、アメリカ・イギリスに宣戦布告したことを受け、ドイツ・イタリアもアメリカに宣戦布告。
  • 1942

    1月20日
    ヴァンゼー会議開催。
  • 1943

    7月25日
    イタリアでベニート・ムッソリーニが首相職を解任され、逮捕される。
  • 9月8日
    イタリア、連合国に降伏。
  • 10月13日
    イタリアがドイツに宣戦布告。
  • 1944

    8月25日
    連合国、ドイツ軍の支配からパリを解放。
  • 9月9日
    ブルガリアがドイツに宣戦布告。
  • 4月16日
    ソ連軍による、ベルリンへの砲撃開始。
  • 1945

    1月27日
    アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所解放。
  • 4月30日
    ヒトラーが総統官邸地下壕において自殺。後継大統領にカール・デーニッツ、首相にヨーゼフ・ゲッベルスを指名。
  • 5月2日
    ソ連軍によるベルリン占領。
  • 5月7/8日
    ドイツ敗北(連合国と休戦協定)。
  • 8月15日
    日本、ポツダム宣言を受諾し、連合国に降伏。
  • 11月20日
    ニュルンベルク国際軍事裁判始まる。
  • 1960

    5月31日
    アドルフ・アイヒマン南米ブエノスアイレスで身柄拘束。
  • 1961

    4月11日
    アイヒマン裁判始まる。
  • 1962

    6月1日
    アドルフ・アイヒマン絞首刑。

キーワード

アドルフ・アイヒマン(1906年-1962年)

1932年ナチス親衛隊入隊。1935年ユダヤ人担当課に配属され、ユダヤ人追放のスペシャリストとしてホロコーストにおけるユダヤ人列車移送の最高責任者を務めた。終戦後アルゼンチンで逃亡生活を送るが、1960年イスラエル諜報部(モサド)により連行され、翌年エルサレムにて裁判にかけられる。1962年、有罪判決により絞首刑に処された。

ユダヤ人問題の最終的解決

1942年1月20日、ハイドリヒ親衛隊大将を議長とし、ナチス高官15名(アドルフ・アイヒマンも参加)が招集され開催されたヴァンゼー会議にて、議論・調整を経て正式に承認された、ナチスドイツによる組織的なユダヤ人絶滅政策を指す。 アイヒマンはヴァンゼー会議にて議事録作成担当として出席し、ユダヤ人を強制収容所へ移送し、虐殺をする絶滅政策(=ホロコースト)の決定に関与した。

ニュルンベルク裁判(1945年11月20日-1946年10月1日)

第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判。
史上初めての戦争犯罪に対する裁判で、「平和に対する罪」および「人道に対する罪」が問われ、12名のナチスの主要人物が絞首台に処された。

アイヒマン裁判(1961年4月11-1961年12月11日)

1961年4月11日よりイスラエルのエルサレムで開廷された、ホロコーストにおけるユダヤ人大量移送計画を指揮したアドルフ・アイヒマンの「人道に対する罪」、「ユダヤ人に対する罪」ほか15の罪を裁いた裁判。
ナチスの戦争犯罪はニュルンベルク裁判においても追及されてきたが、本裁判はナチスによる大量虐殺(ホロコースト)を集中的に取り上げる初の裁判となった。一般市民はこの裁判のTV放送、ラジオ中継を通じて強制収容所解放後15年以上も明るみに出なかったホロコーストを理解しうる貴重な機会となった。

ハンナ・アーレント(1906-1975)

ドイツ出身のユダヤ人でアメリカ合衆国に亡命した哲学者、思想家。
アイヒマン裁判を傍聴し、1963年、アイヒマン裁判のレポートをザ・ニューヨーカー誌に連載。アイヒマンの人間性を「悪の凡庸さ(陳腐さ)」と説き、当時物議を醸した。
同年「イェルサレムのアイヒマン-悪の陳腐さについての報告」として単行本化されたアーレントのレポートは、ホロコースト研究の最重要文献のひとつとなった。 彼女の半生を描いた『ハンナ・アーレント』(2012)はバルバラ・スコヴァ主演で映画化されている。

傑作3作品

「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」につながる【ホロコーストの歴史と、アドルフ・アイヒマンの素顔に迫る】傑作3作品

ハンナ・アーレント

ドイツに生まれ、ナチス政権による迫害を逃れてアメリカへ亡命したユダヤ人の女性哲学者ハンナ・アーレントの半生を描いた歴史ドラマ。元ナチス高官アドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴し独自のレポートを執筆・発表するが、記事は大論争を巻き起こし、彼女も激しいバッシングに晒される。その顛末を通して絶対悪とは何か、考える力とは何かを問うとともに、アーレントの強い信念が描かれている。

*ブルーレイ:¥4,700(本体)+税
*DVD:¥4,700(本体)+税

購入・詳しくはこちら

発売・販売元:ポニーキャニオン

©2012 Heimatfilm GmbH+Co KG, Amour Fou Luxembourg sarl,MACT Productions SA ,Metro Communications ltd.

SHOAH ショア

第2次世界大戦時にナチスによって行われたユダヤ人強制収容、ホロコーストの全貌を追求する、4部構成・総時間567分(約9時間半)に及ぶ長編ドキュメンタリー。サルトルやボーボワールとも交流したジャーナリストの巨匠クロード・ランズマン。1985年に発表され、ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞。
(「ソビブル、1943年10月14日午後4時」「不正義の果て」と共に『クロード・ランズマン決定版BOX』に収録)

クロード・ランズマン決定版BOX
*ブルーレイ:¥19,800(本体)+税
*DVD:¥15,800(本体)+税

SHOAH ショア【デジタルリマスター版】
*ブルーレイ:¥12,800(本体)+税
*DVD:¥9,800(本体)+税

購入・詳しくはこちら

発売元:マーメイドフィルム 販売元:ポニーキャニオン

©Les Films Aleph ©Les Films Aleph, Why Not Productions ©2013 SYNECDOCHE - LE PACTE - DOR FILM - FRANCE 3 CINEMA - LES FILMS ALEPH

スペシャリスト/自覚なき殺戮者【HDニューマスター版】

ナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を捉えた350時間に及ぶテープを、ハンナ・アーレントの著作「イェルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告」を踏まえて編集した幻の傑作。凡庸な公僕であったがゆえに少しの疑念も抱かず大量殺戮に関与したアイヒマンという人間の本質に迫っている。

*ブルーレイ:¥4,700(本体)+税
*DVD:¥3,800(本体)+税

購入・詳しくはこちら

発売元:マーメイドフィルム 販売元:ポニーキャニオン

©momento-films Ltd.